保全・保守自動化

Background

生産活動を安全に実施し、高品質・高生産性を実現するには、様々な設備やシステムが安定稼働を続けることが重要です。
そのためには『予防保全』の考え方が持つ必要があります。『止まらないライン』は、予防保全技術に支えられています。
予防保全の実現にはIoTデバイスによる『設備の状態の見える化』が必要です。
また、そのデータを保全担当者が持つ経験値とマッチングさせることで、『AI予防保全』が実現します。
予防保全により、『ライン停止時間を削減』し、『部品ダメージを最小限に抑え、経費のムダをなくします』

See You Soon