Insights

スマートファクトリーは
AIスケジューラーで制御

By

Tastuhiko Hatakeyama

次世代スマートファクトリーとは、機能ごとの階層で構成されており各階層の必要情報が別階層とつながり、生産活動全般は中央制御やAIスケジューラーシステムによりコントロールできます。スケジューラーは、いまや『シフト・工程調整ツール』だけでなく、スマートファクトリーという『大きなシステム』を動かす『コアシステム』へと成長しています。

次世代AIスケジューラーは、シフトや工程調整はもちろん、受発注管理、在庫管理と最適資材調達、進捗管理、実績収集・管理、原価管理、物流管理などを『見える化』できます。AIスケジューラーの導入は、各部門の進捗確認ができるため『省人化・省力化』が進みます。計画と実績を連動することで『ムダの削減』や『最適工程管理』が実現します。また、見える化は、部門間の調整作業を削減でき、『業務効率化』や『社員のモチベーション向上』することができます。